和紙ちぎり絵から世界の和紙Chigiri-eに和紙ちぎり絵作家 佐藤仁

ロゴ

四季写真

和紙ちぎり絵の活動

和紙ちぎり絵の活動をご紹介します。教室・ワークショップに関するご相談はページ下部のお問い合わせフォームからご連絡下さい。

私はピカソ和紙ちぎり絵教室

制作風景
小見出しマーク
紙漉き体験

椅子から立ち上がり、紙を漉く。舟の前までの移動、大変ですよね。紙を漉く網を両手で持つと今度はちょっと、不安定になりますか?でも、私がサポートしますから安心して下さい。一緒に楽しみましょう!ご自身で漉いた世界に1枚の紙ができます。感動しますよ!漉いた紙を使って、ちぎり絵を完成させると、もっと感動が大きくなります。

制作風景
小見出しマーク
アートセラピー

お手本をしっかり見る。絵全体のバランスを見る。指先を動かす。それぞれが脳を活性化します。アートセラピーの由縁がここにあります。下絵、下書きがないので楽しくリラックスして作業が進められます。作品が仕上がってくると笑顔が自然と生まれます。

出張教室
小見出しマーク
大人の出張教室

無理せずに、オリジナルのキットを制作していくと、いつの間にかすこしづつレベルアップします。しかも、毎回楽しい!和紙ちぎり絵は和紙を追求したアートの世界そのものです。オリジナルの作品を創りましょう

出張ワークショップ

ワークショップ
小見出しマーク
各種イベントで出張教室を行っています

ちぎるという文化は日本独特の文化です。また、和紙の技術は世界で大変評価されています。そのちぎるという文化と世界最高の和紙が合体したのが「和紙ちぎり絵」です。 和紙ちぎり絵から和紙chigiri-eへと、日本の文化を世界の人々にもっと、もっと知っていただこうと発信しています。

たまご
小見出しマーク
絵、だけじゃない和紙ちぎり絵の活動

ちぎって絵にするだけが和紙ちぎり絵ではありません。たまごを使った和紙のたまごというものも作っています。和紙の特性を活かしたもので、好評を頂いています。繊細なものなので持ち帰りは桐箱に入れて巾着袋で・・・そんなこともやっています。

みみずくの会

和紙ちぎり絵作家・佐藤 仁に直接習いたいと代表・川島加代子さんが中心となりみみずくの会を立ち上げました。毎月第一月曜日、PM2:00~4:00 葛飾区立石にて和紙ちぎり絵教室を開催しています。

みみずくの会
場所 葛飾区立石
日時 毎月第一月曜日
14:00 ~ 16:00
会費 500円
授業料 3000円
材料費 0~3000円
内容 四季を追った作品を制作し、少しずつスキルアップして全国の公募展に出展します。
詳しくは下記お問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。
「みみずくの会」代表・川島 加代子様より

書道紙(半紙)に使われている日本古来の紙 和紙には温もりに似たようなホッとするものを感じます。和紙をちぎりながら作品を完成させていく楽しさを、多くの方に知ってもらいたいという思いから教室を立ち上げました。ひとりひとりの手の違いで2つとない、自分だけのオリジナル作品を作ってみませんか?
和紙ちぎり絵作家の佐藤先生はとても優しくきめ細かい指導をしてくれます。何も知らない方でも安心して作ることができますので大丈夫です。

お問い合わせ

お名前
団体名
ご住所
電話番号
E-mail
お問い合わせ内容